任天堂は27日、2016年3月期の通期決算(2015年4月〜2016年3月)を発表しました。2月に通期の予想を下方修正していた任天堂。実績はおおよそ修正後の数字通りとなり、売上高は5044億5900万円(前年同期比▲8.2%)、営業利益は328億8100万円(▲32.7%)、純利益は165億500万円(▲60.6%)でした。

3DS本体の販売台数は679万台。下方修正された目標はクリアしたものの、前期と比較して22.2%減と失速が目立ちます。ソフトは4852万本。こちらも前期比22.6%減と苦戦しました。

なお、VC『ポケットモンスター』と一緒に、記念アイテム的に国内発売された2DSは10万台を販売しています。

国内で品薄が目立ったWii Uは本体が伸びずに326万台、ソフトは2736万本でした。来期目標もハードは80万台に抑えられており、供給が戻ることは無さそうです。

amiibo』や周辺機器等を含む「その他(ハードウェア)」の売上高は前年同期比36.0%増の519億8600万円。新たに項目が作られたスマホ・IP関連収入等は57億3400万円、ゲーム専用機向けダウンロード売上高は40.2%増の439億円でした。

任天堂 2016年3月期 連結業績

業績

  • 売上高: 5044億5900万円(前年同期比▲8.2%)
  • 営業利益: 328億8100万円(▲32.7%)
  • 経常利益: 108億3100万円(▲84.5%)
  • 純利益: 165億500万円(▲60.6%)

地域別売上高

  • 日本: 1354億6100万円
  • 米大陸: 2258億3700万円
  • 欧州: 1269億1600万円
  • その他: 162億4300万円

製品カテゴリ別売上高

ゲーム専用機ハードウェア

  • 携帯ゲーム機本体:1132億3900万円
  • ホームコンソールゲーム機本体:1024億0400万円
  • その他(※):519億8600万円

※amiiboや周辺機器など。

ゲーム専用機ソフトウェア

  • 携帯ゲーム機ソフト:1091億7900万円
  • ホームコンソールゲーム機ソフト:923億4500万円
  • その他(※):279億9200万円

※ダウンロード専用コンテンツなど。

その他

  • スマートデバイス・IP関連収入等(※):57億3400万円
  • その他(トランプ・かるた等):15億7700万円

※スマートデバイス向け課金収入、ロイヤリティー収入など。

ハード・ソフト 販売数

ハードウェア

  • 3DS: 679万台(前年同期比▲22.2%)
    • 3DS LL: 51万台
    • 2DS: 117万台
    • New3DS: 103万台
    • New3DS LL: 384万台
  • Wii: 11万台(▲76.0%)
  • Wii U: 326万台(▲3.5%)

ソフトウェア

  • 3DS: 4852万本(前年同期比▲22.6%)
  • Wii: 733万本(▲37.5%)
  • Wii U: 2736万本(+12.1%)

次期の見通し

2017年3月期の見通しは、売上高5000億円、営業利益450億円、経常利益450億円、純利益350億円。

2016年の注目作としては、冬に3DSで『ポケットモンスター サン・ムーン』が発売予定。次世代機「NX」は2017年3月に発売予定と発表されました。Wii U『ゼルダの伝説 最新作』は2017年に延期となり、かつNXにも対応します。

各ハードの目標販売数は、3DSが500万台/5500万本。Wii Uが80万台/1500万本。供給量が戻らないWii Uはやはり終了となりそうです。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly