任天堂UKでコミュニケーション&パートナーシップ部門のトップを務めるJo Bartlett氏が、同社を退社したと報じられています。任天堂を退社した理由や、急な発表となった理由は明らかになっていません。

Bartlett氏は、2011年4月に7年間PR部門を担当してきたRobert Saunders氏が任天堂を退社し、Appleへ移籍したことから抜擢。前職はGood Relationsのアソシエイト・ディレクターでした。

コミュニケーション&パートナーシップは、ハードやソフト、amiibo、オンラインストアに至るまで、任天堂製品におけるポートフォリオ全体のPR戦略を企画立案・実施を担当する部署だそう。

彼女は4年の在職期間中に、Wii UやNew Nintendo 3DS、『マリオカート8』や『とびだせ どうぶつの森』『スプラトゥーン』などの立ち上げに貢献してきたということです。後任が決まるまでの間、GMのSimon Kemp氏がアシスタント広報マネージャーのEmma Bunce氏とともに広報チームをまとめていくとのこと。

「Joは任天堂UKのビジネスにおいて非常に重要な役割を果たしていました。彼女のプロ意識やきめ細やかなケアは特に評価される部分です。とても惜しい人材でした。とても寂しくなります」とKemp氏はコメントしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で