任天堂は20日、大学生や大学院生に就業体験機会を提供する「任天堂 インターンシップ 2016」の開催を発表しました。実施されるのは「ゲームプログラミング」や「システム開発」「ネットワーク開発」の全3コースで、2016年2月に行われます。

インターンシップでは、学生に任天堂における「ソフトウェア開発」業務の一端を体験してもらいながら、ソフトウェアエンジニアとしての仕事の魅力や難しさを知ってもらう機会を提供できればと考えているとのこと。

エントリーの応募受付期間は11月26日〜12月14日(エントリー締め切りは12月13日まで、エントリーシート提出締め切りは12月14日13時まで)。

12月中旬に書類選考と面接が行われ、2016年1月中旬に参加者が決定します。

なお、このインターンシップは、任天堂の採用選考活動とは一切関係なく行われます。

任天堂 インターンシップ 2016

「ゲームプログラミングコース」「システム開発コース」「ネットワーク開発コース」の全3コースで実施。

募集対象:大学生、大学院生(学部学科不問)
※各コースの「必要となる経験や知識」を満たしている方

実施期間、募集人数

実施は、全コース各1回。募集人数は各10名。

ゲームプログラミングコース:2016年2月15日(月)~2月19日(金) 5日間
システム開発コース:2016年2月22日(月)~2月26日(金) 5日間
ネットワーク開発コース:2016年2月22日(月)~2月26日(金) 5日間

実施時間:9:00~17:30(19:00までは必要に応じて会場の利用が可能)

報酬

無し。食事代1000円/日が支給
交通費支給(任天堂社内の基準による)
遠方からの参加者の場合、宿泊施設が提供

開催地

任天堂本社開発棟
住所:〒601-8502 京都市南区東九条南松田町2番地1

各コースの詳細や本インターンシップへのエントリーは、任天堂の公式サイト「任天堂 インターンシップ 2016」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で