任天堂は14日、同社の新社長に現在常務取締役などを務める君島達己氏が就任すると発表しました。君島氏は16日付で任天堂の新社長となります。

7月11日に岩田聡氏が亡くなってから2ヶ月以上空席となっていましたが、任天堂アメリカのCEO等(2006年5月〜2013年6月)を務めた実績もある君島氏が昇格。噂されていた専務の宮本茂氏や竹田玄洋氏ではありませんでした。外部から招聘することも無く、任天堂の哲学をよく知る人物が新社長に就きます。

新社長と合わせて他役員の役員の委嘱・管掌・担当変更も発表。宮本氏はクリエイティブフェロー、竹田氏は技術フェローという新設された職位に就くことになります。

フェロー職の説明を読む限り、両氏ともこれまでのソフト・ハード開発からは一歩引いた立場となるかに見えましたが、報道を見るとむしろそれぞれの得意分野を生かせる形となっているようですね。

新任代表取締役

君島達己:常務取締役 経営統括本部長 兼 総務本部長 人事本部担当 → 代表取締役 取締役社長

役員の委嘱・管掌・担当変更(平成27年9月16日付)

代表取締役 専務取締役

竹田玄洋:統合開発本部長 → 技術フェロー
宮本茂:情報開発本部長 → クリエイティブフェロー

フェロー とは

「代表取締役の中から選定し、高度な知識と豊かな経験をもとに、専門領域において組織運営に関し指導・助言を行う職位」とのこと。平成27年9月16日付で新設。

取締役

高橋成行:管理本部長 → 管理本部長 総務本部管掌、品質保証部担当
大和聡:営業本部長 → 営業本部長 企画部担当
高橋伸也:企画開発本部長 開発応援本部担当 → 企画制作本部長 ビジネス開発本部、開発総務本部管掌

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で