新参者 (単行本) 新参者
東野圭吾(著)
出版社: 講談社

一件短編集のような構成で、しかし各エピソードは1つの殺人事件に繋がっているという面白い試み。バラバラに散らばっているように見えた話が最終章で繋がるのは興奮しました。

各章も、人情をテーマにした一話完結の話になっているので、集中を切らすことなく展開も忘れることなくサクサク読める。外堀どころかさらにその外から犯人を突き止める加賀恭一郎の手腕に惚れてしまいますね。

日本橋。江戸の匂いも残るこの町の一角で発見された、ひとり暮らしの四十代女性の絞殺死体。「どうして、あんなにいい人が…」周囲がこう声を重ねる彼女の身に何が起きていたのか。着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、事件の謎を解き明かすため、未知の土地を歩き回る。

ミステリー小説なんだけど、切ないエピソードもあったりして登場キャラクターのドラマに泣かされる。一気読みでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で