経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)
政界入り前の竹中平蔵氏×「だんご三兄弟」「ポリンキー」などを手がけた人気クリエーター・佐藤雅彦氏による経済学入門書。

佐藤さんの質問に竹中さんが答えていくといった対談形式なわけですが、専門用語なんかはあまり出てこなくて、身近な例えを用いて話が展開していくので、スラスラと読める。竹中さんの解説が超丁寧でわかりやすい。2人のもつ雰囲気や所々にちりばめられた佐藤さんのポップなイラスト、竹中語録といったおまけも、読みやすさに一役買っているのかも知れない。

専門的にみると甘いのかもしれないけれど、経済に興味を持ってもらう間口としては十分すぎる内容だと思う。専門家の皆さんがもっと素人に伝える術があれば、難解と呼ばれる分野の学問や技術の裾野も広がっていくんだろうになあ。言葉ってすごく大事だと改めて。

経済学ってなんだかお堅いモノ、だなんて身構えずに、ソファーで横になりながらでも、カフェでコーヒー飲みながらでも緩く軽く読めるので良かったです。

■文庫:経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で