猫のあしあと
町田 康(著)
出版社: 講談社

年末年始に読んだ中の1冊。町田康さんの「猫のあしあと」。作者の猫好きが痛いほど伝わってきて、笑えて、泣けた。健康の保証のない野良猫を何匹も引き取って、育てていく様は、普通にさらりと書かれているけど相当な覚悟がいるのでしょうに。大したものです。猫に限らず、動物と暮らしている人ならば共感出来る部分がかなりあるのではないかなと感じます。


猫たちは下手に擬人化せずに、動物の生態を、ありのままに受け入れる。これが案外難しい。僕自身は、猫ではなく犬が家にいるわけですが、人より寿命の短い彼らとの付き合い方について、また改めて考えさせられるところがありましたね。一緒に居られる時間を大切にしていきたいなと。

終盤の、ゲンゾーとのお別れのエピソードは切なくて泣けた。言葉を発せられない彼らだからこそ、人為的な悪影響を及ぼさないようにしたいし、何か起こってからでは遅かったりするものだしね。

人の都合のいいように解釈するのではなく、猫ならでは、犬ならでは、その他動物ならではの、そのままを受け入れられるようになりたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で