早雲の軍配者
富樫 倫太郎(著)
出版社: 中央公論新社

年末年始のお休み中に読み終えた中の1冊。歴史ものではあるけれど、それよりも小太郎や勘助、冬之助の友情がアツく描かれている青春小説なのかなあと思った。

平和を愛する小太郎のピュアさが示すような、歴史物としては血なまぐさくない爽やかな印象。風間小太郎が早雲に見出されて足利学校に通い兵法を学び、その後風摩小太郎となって、北条家の軍配者になるまでが描かれています。

力を誇示してそれでもって解決するするような作戦をとらず、自軍は勿論、敵側も被害を最小限に済むような作戦を取る小太郎や、ラストの展開もいい感じだったなあ。

結構ボリュームがあったし、歴史物なので専門用語が出てきてつらくなるかなーと思ったけどそんなことは無くて、読みやすかったですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で