告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1) (文庫)告白
湊 かなえ (著)
出版社: 双葉社

愛娘を校内の事件で亡くした女性教師の独白からはじまるミステリー小説。教師は最後のHRで犯人である生徒2人を指し示し、彼らを精神的に追い詰める。そこから始まる負の感情の連鎖というか重い空気が最後まで作品を覆う。

章ごとに関係者の独白という形で話は進んでいくんだけど、スピード感があって最後まで一気読み。1つの事件も別のキャラクターからの視点になれば全くの別物になってしまうんだ。でもそれぞれの人生の真実なんだよね。救いが無いのが切ないけどあの終わり方は結構好き。

出てくるキャラクターもそれぞれ自分のことばかり考えていて優しさもズレているというか、そんな人ばかりなんだけど、フィクションとは言い切れない妙なリアリティを感じるのが恐いところ。

松たか子主演で映画化されるということで映画の方も楽しみだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で