4063794474 ジャイアントキリング発サッカーエンターテイメントマガジン
GIANT KILLING extra Vol.01
講談社 (編集)
出版社: 講談社

週刊モーニングで連載中の人気サッカーマンガ『GIANT KILLING』発のムック本『GIANT KILLING extra Vol.01』。

ジャイキリは監督をフィーチャーしたマンガなので、このムック1回目のテーマも当然監督。「絶対監督主義。」と銘打ち、ガンバ大阪の西野監督や鹿島アントラーズのオリヴェイラ監督などのインタビューが掲載されています。海外からは、デニス・ベルカンプが指導を受けたファン・ハールやアーセン・ベンゲル、クライフについて語っています。ベルカンプのトラップは美しかったなあ。

モーニングは漫画誌なので、ジャイキリファンの作家さんによる短編も。そしてジャイキリ第1話がカラー付きで掲載されていますよ。


フィジカルコーチとしてキャリアをスタートさせたオリヴェイラ監督の、選手のフィジカルコンディションに対する並々ならぬこだわりだとか、元新潟監督の鈴木淳さんの選手に対するリスペクトだったりとか、FC東京の城福監督の試合の見方だとかなかなか面白かったです。

西野監督が今ガンバ大阪で直面している世代交代について。西野監督なりの世代交代の方法ってのがあるようだけど、成績が絡んで来る中でチームコンセプトを維持してどうやりくりしていくのか、監督の声が聞けると違った角度からの見方が増えて面白いなあ。

そしてカラー付きで掲載されているジャイキリの第1話。イングランド時代の話なんだけど、毎回楽しいなあ。そして名台詞。

「よし! 今日も勝っちゃうか、フットボールバカども」

監督さん達の記事や初めてJを観戦したという岩本ナオさんの観戦記も面白かったけど、もうちょっとインタビューの頁数多いとよかったかな。これではちょっと値段高いかなあと思う。ファンアイテムとしてみてもジャイキリ要素薄いし(プレゼントはあるけども)。というやや不満なところあり。でも1冊目だし概ね満足でしたよ。編集さんほぼ2名でお疲れさまでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で