夢をかなえる メモの習慣夢をかなえるメモの習慣
佐藤 伝(著)
出版社: 中経出版 (2008/12/25)
価格:¥1,470

色々な物事を同時に見ていると、ぽろぽろと抜け落ちてしまう事が多いので,
普段からこまめにメモを取るようにしているのですが、しかしイマイチ活用しきれていないんじゃないかなあと感じていたときに、「Lifehacking.jp」でこの本が紹介されていたので、これは良い機会かもなと思い読んでみたのでした。

多くの場合、忘れたくないことをメモしておく「リマインダー・メモ」が殆どだったのですが、本書はこれにアイディアをとらえる「アイディア・メモ」(これも稀にありますね)と、人生の方向性や夢をとらえるための「ヴィジョン・メモ」(これは手帳に書いたりしますね)を加えて、メモには3種類あるとし、リマインダーだけで終わらないメモの活用術が紹介されています。特に重要だとされているのは「ヴィジョン・メモ」で、自分がワクワクする「ヴィジョン・メモ」を掲げよう。とされています。確かに目標や夢が無ければ、楽しみが減ってしまい気持ちも萎えてしまいがち。

他ブログでもあったように、”□ To Do □”として、両端にチェックボックスを置く「サンドイッチ型チェックボックス」は、仕組みは単純ながら面白いなあと思い、実行するようにしています。簡単ですぐ出来る。左側の□は、その仕事を始めた時にチェック。そうすると、右側にも早くチェックを入れてタスクを完了したくなってくるから人の心理は不思議なものです。

他にも、アナログやデジタルどちらか一方に偏るのではなく、お互いの長所短所を理解した上でお勧めのソフトや文具なんかも紹介されていたりして、モチベーションを高く保つための方法なんかも。メモの取り方、管理の仕方、活かし方が分かりやすく書かれていて、サクッと読めます。

たかがメモですが、されどメモ。「アイデア・メモ」がどこかで繋がって、思いがけないアイデアに発展していくのかもしれない。習慣化して続けていくためには、いかにストレスを無くして楽しめるかだよなあなんて思ったりした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で